完全アウトなムダ毛の自己処理方法

あなたはムダ毛の処理をどのようにしていますか?

カミソリや毛抜き、徐毛クリームで処理をする人もいるでしょう。

ムダ毛の自己処理は肌負担大!肌トラブルの原因になり、肌が汚くなってしまいますよ。

自己処理で起こる肌トラブルを見ていきましょう。

白人女性がワキに触れている

自己処理の肌トラブル

カミソリ
毛と一緒に肌の角質まで削り取ってしまいます。見えない傷が無数につき、そこから肌トラブルが発生。炎症の原因になります。またカミソリで剃り続ける事によって毛穴が黒くブツブツとした感じになり、見た目にもキレイではありません。

毛抜き
ピンセットで無理やり抜くので毛穴が傷つき、そこからバイ菌が侵入し炎症のもと。色素沈着も引き起こします。肌へのダメージが大きいため、肌サイクルも乱れてしまします。

徐毛クリーム
毛と一緒に肌の表面も溶かしてしまうため、炎症、アレルギーの原因になります。肌へのダメージも大きいです。

自己処理はできるだけ控えよう!

自己処理の頻度が多ければ多いほど肌への負担が大きくなります。本来人間には肌を快復させるターンオーバーという機能が備わっていますね。

自己処理の頻度が少ないと、その時の自己処理で傷ついてしまっても肌は自然に快復していきます。

逆に頻度が多いと、快復する前にさらに肌を傷つけてしまうので、肌ダメージがずっと残った状態が続いてしまうでしょう。

自己処理の頻度を抑えるには光脱毛!

自己処理の頻度を大幅に減らすには、光脱毛をオススメします。

光脱毛を繰り返す事で毛が生えにくくなっていくので、自然と自己処理を減らす事ができるのです。

光脱毛は肌負担も比較的少なく、価格も手ごろ。

肌は一生モノです。大切な肌を守るためにも、光脱毛でケアをしていきましょう。